矢印代わりのフェイシャルエステ
矢印代わりのフェイシャルエステ
ホーム > 注目 > 葉酸を失わないような調理法

葉酸を失わないような調理法

最近、だいぶ浸透してきた話ですが、妊娠中にとどまらず、授乳が終わるまで葉酸は大事な栄養素なのです。

 

赤ちゃんは生まれてくると、体中至るところで活発な細胞分裂を行うことで、急速に発達していくのです。

 

その過程でたくさんの葉酸が必要になります。

 

一方、産後の母体が回復し、順調に授乳するためにも葉酸が不可欠で、母子双方にたくさんの葉酸が必要となってくるため、妊娠を希望したときから、赤ちゃんがミルクや離乳食で栄養を摂れるようになるまでの間、必要な量の葉酸を摂っていきましょう。

 

葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取が求められる栄養素です。

 

その効果は厚生労働省によって妊活中や妊娠中に適切に摂取するよう勧告していることからも、その効果が伺えます。

 

体内に入った葉酸は、水溶性であるために尿、汗と共に体外に排出され、体内に溜まっていくことはほぼ無いと言っていいでしょう。

 

それでは、どれだけ摂っても問題ないのかと言うと、そうでもありません。

 

葉酸を過剰に摂取すると、発熱やかゆみ、あるいは呼吸障害などの重大な副作用に繋がる恐れもあります。

 

葉酸サプリ等で葉酸の補給をする場合、指示された用法を守って摂取するようにしてください。

 

母体内の胎児を健康に育てるためには、葉酸が毎日欠かさず摂らなければならない栄養素だという知識が定着したようですが、ビタミンB群の一つなので、熱には弱く、葉酸を十分に摂ろうと思ったら、食事のみだと毎日のことですから、けっこう大変でしょう。

 

水や熱によって失われる葉酸を減らせるような調理法を知ることも大事だと思いますし、計画的に補うためにサプリメントなどを飲むのもぜひ取り入れてください。

コリン性蕁麻疹